マイルの歴史について

まず私たちがマイルといってるANAやJALなどのポイントサービスは正式には「マイレージサービス」と呼ばれています。
マイルとは長さの単位で1マイル=約1609メートルとされています。
これとは別に海上や空中で用いられる単位でノーティカルマイルと呼ばれるマイルがあり、こちらは1マイル=1852メートルとなっています。

ここからはマイレージサービスの方をマイルと呼ばせてもらって話を進めていきますが、このマイルが始まったのが1981年にアメリカン航空がこのサービスを始めたそうです。
このサービスが人気が出てマイルというものが世界的に普及していきます。
そして日本がマイルを導入したのが1997年で日本航空、全日空、日本エアシステムの3社がこの年に導入しました。
以前は貯めたマイルは航空券と交換もしくは席のグレードアップ(エコノミーからビジネスクラスやファーストクラスになど)と交換ができましたが、今現在ではプラス他のポイントなどの移行やお店で使える金券などとも変えられることができ、貯めたマイルを交換する幅が出てきました。

マイルを貯めるためには会員登録が必要になります。
会員登録されるとカードが発行されて、搭乗の際にカードを提示することによってマイルがたまります。
またクレジットカードの支払い等でもマイルをためることができます。
マイルと提携されたクレジットカードで支払いをすれば自動的にマイルがたまる仕組みになっています。
ただしマイルには有効期限があるのでしっかりと確認するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>