LCCの台頭でマイルの価値が減る?

近年格安航空券を販売しているLCCがとても話題になってきていますね。
会社も徐々に増えていて、ピーチやエアアジアやジェットスターなどだいぶ日本でも浸透してきた感じがあります。

そのLCCの台頭によってマイルの価値が減っているという情報がありました。
これはどういうことかというと、マイルをためて無料で航空券を手に入れるよりも毎回格安航空券を買って旅をする方がお得になるということです。
もちろんそれは間違っていません。JALやANAよりも半額程度時期によってはそれ以下の値段で買うことができるので、JALやANAを利用するよりも毎回LCCの航空券を買って度をする方が確かにお得になります。
少しでもお金をかけずにお得に旅をしたい方にはLCCは本当にお勧めできます。

しかし、日本ではJALやANAは信用と実績もあるのでLCCが台頭してきたからといって全てのユーザーがそちらに行くことはまずあり得ません。
LCCよりも時間に厳しいですし、シートなどはやはりJAL,ANAの方が良いと言えるでしょう。
サービス面でもLCCはサービスによるコストを最大限に削っているのでJALやANAの方が格段に良くなります。
本数も圧倒的に違いますし、ここは何を優先するかによって変わってきます。

マイルの価値が下がるというのはマイル自体の価値が下がるという意味ではありません。
より安く飛行機に乗ることができる会社が表れたということで、ユーザーとしては選択肢が広がっているので、マイナスではなくてとてもプラスに働いていると言えるでしょうね。
これからもJALやANAによるよりよいサービスにも期待ですし、LCCによる格安航空券がもっと広まるとさらにユーザーにとってよりよい空の旅が遅れることになりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>