LCCの台頭でマイルの価値が減る?

近年格安航空券を販売しているLCCがとても話題になってきていますね。
会社も徐々に増えていて、ピーチやエアアジアやジェットスターなどだいぶ日本でも浸透してきた感じがあります。

そのLCCの台頭によってマイルの価値が減っているという情報がありました。
これはどういうことかというと、マイルをためて無料で航空券を手に入れるよりも毎回格安航空券を買って旅をする方がお得になるということです。
もちろんそれは間違っていません。JALやANAよりも半額程度時期によってはそれ以下の値段で買うことができるので、JALやANAを利用するよりも毎回LCCの航空券を買って度をする方が確かにお得になります。
少しでもお金をかけずにお得に旅をしたい方にはLCCは本当にお勧めできます。

しかし、日本ではJALやANAは信用と実績もあるのでLCCが台頭してきたからといって全てのユーザーがそちらに行くことはまずあり得ません。
LCCよりも時間に厳しいですし、シートなどはやはりJAL,ANAの方が良いと言えるでしょう。
サービス面でもLCCはサービスによるコストを最大限に削っているのでJALやANAの方が格段に良くなります。
本数も圧倒的に違いますし、ここは何を優先するかによって変わってきます。

マイルの価値が下がるというのはマイル自体の価値が下がるという意味ではありません。
より安く飛行機に乗ることができる会社が表れたということで、ユーザーとしては選択肢が広がっているので、マイナスではなくてとてもプラスに働いていると言えるでしょうね。
これからもJALやANAによるよりよいサービスにも期待ですし、LCCによる格安航空券がもっと広まるとさらにユーザーにとってよりよい空の旅が遅れることになりそうですね!

マイラーに聞く心得

マイラーとはマイルをためることが得意な人たちのことです。
マイルを貯めるのを楽しみに生活している人もいます。
各航空会社別にJALマイラーやANAマイラーなどともいわれていますね。
さらに陸マイラーというくくりもあります。

そのマイラーの人にマイルをためるのにどういう方法が適しているかを聞いたところ
クレジットカードを一つに絞って、とにかく生活出かかるお金をそこで払うようにする。
買い物もそのカードを使う
そしてそのカードでマイルをとことん貯めれるようにする。
ということでした。
公共料金なんかもカード払いにすれば、毎月かなりの額がカードから払われることになるので、マイルもたまりやすいですと。

でも一つ注意が必要なのは、マイルをためることを楽しみにに生きてる自分はいいけど、普通の人がマイルをためることに集中しすぎない方がよいとのことです。
結構無駄な買い物が増えたり、余分にお金が出ていくこともあるよ(笑)と言ってました。

とにかく支払いを一つのカードにまとめるというのがやはり現状でマイルがたまる一番の方法なのでしょうね。
これはANAマイルでもJALマイルでも同じだと言ってました。
なので、とにかくマイルを貯めたいという方はクレジットカードの見直しと、支払いをその絞ったカード一択にするということですね。

マイルは事後登録もできます

ANAのマイル、JALのマイル共に搭乗するときには加算することができなくても、マイルは事後登録ができます。
ANA、JALそれぞれ事後登録の手続きが必要になります。
また国内線か国際線かでも事後登録方法は異なりますので、それぞれ公式HPよりしっかりと確認のうえ手続きを行ってください。
例えば、ANAの場合Googleなどの検索エンジンで「ANAマイル 事後登録」と検索すれば公式HPが出てきます。JALの場合も同様です。
このような手続き等の方法は変わる可能性がありますので、事後登録を行いたい時に公式HPの情報通りに行ってください。

うっかりマイルをためるのを忘れていたという場合にも安心できるマイルの事後登録。
事後登録を行う場合は、搭乗券やe-チケットなどはお手元に保管しておいてくださいね。

上級会員になるとマイルもすごいスピードでたまる!?

ANAとJALには上級会員なるものが存在します。
上級会員やエリート会員などと呼ばれます。
上級会員になるにはさまざまな条件があり、ただただマイルを貯めればなれるものではありません。
上級会員は搭乗してもらえるポイントが必要となるので、JALならJAL、ANAならANAにたくさん登場する必要があります。
そのため上級会員になるために搭乗ポイントを稼ぐためだけにフライトをする人も出てきました。

ANAの上級会員には

  • ダイヤモンドサービス
    プラチナサービス
    ブロンズサービス
  • JALの上級会員には

  • ダイヤモンド
    プレミア
    サファイア
    クリスタル
  • があります。

    それぞれ会員条件は公式HPなどで確認してみてください。
    これらの上級会員になると様々なサービスが受けることができます。
    専用ラウンジを無料で使うことができたり、優先搭乗ができたりといいことずくしといっても過言ではありません。
    またマイルも一般会員より格段にたまりやすくなっています。
    クラスによってマイルがもらえるパーセンテージは変わってきます。

    飛行機を利用する回数が多い方は、JALかANAどちらか一本に絞って、この上級会員を狙ってみてください。
    空の旅がより快適になることは間違いないですよ!

    マイルを貯めれるマイレージカード

    今日ではマイレージカードの種類はたくさんあります。
    マイルを本格的に貯めたければマイレージカードが絶対的にお勧めです。
    マイルカードとも言われていて、マイルをためるのに有利なクレジットカードです。
    このクレジットカードがたくさん種類があって迷いますが、決めたらクレジットカード申し込みをします。

    マイレージカードの選び方として
    まずは何回か書いてきていますが、ANAかJALどちらのマイルをためるかを考えて、どちらか一本に絞ることです。一極集中的にマイルをためる方が効率がよくたまっていきますよ。

    年会費等かかるカードもありますが、たくさんカードを使う方には、年会費無料のカードよりお得になる場合が多いです。それはマイルのたまる利率が違ったりしてくるためです。
    なので年会費がかかるからといって最初から除外するのではなく、カードで使うであろうお金をある程度計算して℃のカードがいいかを選んでいくのがよいです。

    マイレージカードは大体JAL○○カードとか、ANA○○カードのようにJALとかANAとかついてるものが多いです。
    マイレージカードを作ることができれば、あとはマイルを貯めるのですが、ちょっとしたショッピング等でもカードを使うようにすればちりも積もれば山となるということで、マイルもたまっていきますよ。

    マイルの歴史について

    まず私たちがマイルといってるANAやJALなどのポイントサービスは正式には「マイレージサービス」と呼ばれています。
    マイルとは長さの単位で1マイル=約1609メートルとされています。
    これとは別に海上や空中で用いられる単位でノーティカルマイルと呼ばれるマイルがあり、こちらは1マイル=1852メートルとなっています。

    ここからはマイレージサービスの方をマイルと呼ばせてもらって話を進めていきますが、このマイルが始まったのが1981年にアメリカン航空がこのサービスを始めたそうです。
    このサービスが人気が出てマイルというものが世界的に普及していきます。
    そして日本がマイルを導入したのが1997年で日本航空、全日空、日本エアシステムの3社がこの年に導入しました。
    以前は貯めたマイルは航空券と交換もしくは席のグレードアップ(エコノミーからビジネスクラスやファーストクラスになど)と交換ができましたが、今現在ではプラス他のポイントなどの移行やお店で使える金券などとも変えられることができ、貯めたマイルを交換する幅が出てきました。

    マイルを貯めるためには会員登録が必要になります。
    会員登録されるとカードが発行されて、搭乗の際にカードを提示することによってマイルがたまります。
    またクレジットカードの支払い等でもマイルをためることができます。
    マイルと提携されたクレジットカードで支払いをすれば自動的にマイルがたまる仕組みになっています。
    ただしマイルには有効期限があるのでしっかりと確認するようにしてください。

    マイルをためるときの落とし穴

    突然ですが、マイルとかポイント系って貯待っていくのを見るのが楽しくないですか?
    数字でしっかりたまっていくのが目に見えるので本当に楽しいですよね。

    ただ一つだけ落とし穴があるとすれば、ポイントをためるために無駄な買い物をしてしまうということです。
    必要なものを買ってマイルをためるのは良いのですが、マイルをためることが一番手に来てしまって必要ではないものまで無駄に買ってしまうことには要注意です。
    今キャンペーン中だからマイルたくさんもらえるからといって、必要のないものを買ってしまわれる方が多いので注意してくださいね。
    ただ一点マイルには有効期限があるので、その帳尻合わせのための買い物などはマイルを有効利用するためにも必要な時があるんです。
    例えばあと1ヶ月でマイルが切れてしまうというときにあと100マイルあればフライトできるなどという場合はマイルが消滅してしまうのを避けるために、フライト以外のものと交換するかフライトを選択する場合は100マイルをためないといけません。
    そういうときには賢く買い物をしてみましょう。
    フライトと交換するのが一番お得なマイル使用法なので、もう少しで必要マイルがたまるというときは、必要マイル分お買い物をするというのも賢い使い方になりますよ。

    マイルがたまったら

    マイルがたまったらマイルを何に使うかを決めておくとよいと思います。
    例えばフライトに使うなら何マイルが必要かがあらかじめ分かるので、必要な分マイルがたまったら使おうなど計画を立てれますよね。
    マイルを使うときにはフライトで使うのが一番お得なのですが、フライトの予定がない方はいろいろなものに交換することができます。

    例えばJALマイルならWAONに返還することができます。
    WAONを使って買い物をする方はマイルをWAONに交換すればとてもお得に買い物をすることができます。
    またAMAZONギフト券にも交換できるので、AMAZONで良くお買い物をする方にお勧めです。
    他にも色々なポイントや商品券に交換することができるので、一通り調べておくことをお勧めします。
    JALマイルならJALのホームページで、ANAマイルならANAのホームページで調べることができます。

    マイルを何と交換するかを前もって調べておけばかなり効率的に使うこともできます。
    またフライトに交換するのが一番お得なのですが、さらにお得なおともdeマイル割引などを使うことによってさらにお得にマイルを使うことができます。
    フライトの場合は混雑する時期にはマイルを多く使用する場合があるので、お正月やお盆の時期などは通常の時期よりもマイルを多く使うことも頭に入れておきましょう。

    マイルは現在さまざまなところと提携していますので、使う方法としてはかなり多くなっています。
    実際に自分で調べてみてくださいね。

    マイルを貯めるちょっとしたポイント

    まずマイルといっても大きく分けて2種類あります。
    ANAのマイルとJALのマイル。
    貯めるのはどちらか片方に絞りましょう。
    分散してしまうとマイルは貯まりづらくなります。
    なので、両方の航空会社を使う場合でも、両方のクレジットカードを持っている場合でもマイルをためるのはこっち!という風にどちらかに絞ってみてください。

    選び方は良く使う航空会社の方を選べばよいと思います。
    出張などでJALを使うことが多い場合はJALのマイルを貯めようとか、旅行はいっつもANAでしかしないからという場合はANAのマイルを貯めようなど自分に合った方のマイルをためることをおすすめします。

    どっちもどっちだなぁという方には日々の生活で考えていきましょう。
    例えばJALはWAONポイントに返還できますし、WAONにチャージするときなどにマイルがたまります。
    なのでWAONを良く使う方はJAL。
    また、たくさん海外旅行に行くことがあるならJALの方が良いかもしれません。
    ANAの場合はEdyと交換できるので、Edyを良く使う方はANAのマイルをためる方がよいと思います。

    それぞれのマイルをためるちょっとしたポイントは、クレジットカード選びです。
    これはかなり重要です。
    マイルがたまるクレジットカードにもいろいろ種類があります。
    その中でも自分がどのカードを使えばマイルがたまりやすくなるのかというのを最初に計算して、そのカードを使うようにするだけです。
    ほとんどの人がこの計算を面倒臭がってやらないために、同じ金額を使っていても、しっかり計算してマイルをためている方とでは何倍もマイルのたまり方が変わってきます。
    最初にカードを選ぶときの手間一つで何倍ものマイルを損するわけですから、しっかりとカード選びをするように心がけてください。
    マイルがたまりやすいカードを選ぶならクレジットカード徹底比較で選んでみてください。

    本当にこのひと手間をやるかやらないかだけで大きくもらえるマイルが変わってくるので、ぜひマイルをたくさん貯めれるようにカード選びはしっかりとやりましょう!!

    JALマイルの1マイルは何円分?

    ANAマイルと同じようにJALマイルも1マイルは何円分になるか検証してみました。
    JALとANAでは提携しているとこも違うので、交換できるものは違いが出てきます。

    JALで電子マネーに交換するのはWAONがオススメ。
    WAONは現在イオンだけでなく、コンビニや飲食店でも使えるところが増えています。
    気になる交換レートですがJALのHPでは

    2013年4月1日~2014年3月31日 10,000マイル=12,000WAON(12,000円相当) 上限なし
    2014年4月1日~2014年12月31日 10,000マイル=12,000WAON(12,000円相当) 決まり次第お知らせいたします

    と表示されていました。
    つまり現在はWAONに交換した場合1マイル=1.2円ということになりますね。

    そのほかamazonの商品券やpontaポイントなどに返還することができますが、これらに交換するときは大体1マイル=1円が相場になっています。
    1万マイルを1万ポイントに交換という感じですね。

    マイルを使ってフライトをする場合ですが、これは時期などで少し交換率が変わってきます。
    大体ですが1マイル=2円~5円程度というところでしょうか。
    これよりもっとお得に乗れるようなプランも出てくるかもしれません。
    いろいろなキャンペーンなども行われているようなので、賢く利用することによってお得に旅行ができる可能性が高いですね。
    JALのHPでマイルの使い道が載っていますので、一通り目を通してみると良いと思います。

    マイルのお得な使い道としてやはり航空券との交換がダントツでお得になりますね。
    商品券やポイントなどと交換するのに比べると最大で5倍ほどの開きがあります。
    旅行に行く予定がなかったり、マイルを使いきれなかった場合のみに商品券やポイントなどに変えて、後はできるだけ航空券と交換するようにしましょう!